仁智監査法人

コンサルティング業務

トップページ
ニュース一覧
代表あいさつ
パートナー
監査業務
コンサルティング業務
ファイナンシャルアドバイザリー業務
IR(インペスターリレーションズ)
採用情報
法人紹介

IPO支援業務

株式公開によって、広く投資家から資金を調達することが可能となるため、大規模投資など企業規模企業戦略のために利用できる資金を拡大させることができます。
また、社会的信用の増大、優秀な人材の確保、経営管理体制の強化などの多くのメリットがあります。
各種規定の作成、内部統制や経営管理体制の整備など、2年以上にわたる準備作業が必要なため、株式公開に精通した専門家のサポートが有効です。
当法人では、事業計画書や株式公開申請書類の作成支援をはじめ、内部統制や資本政策に至るまでトータルにサポートします。現時点で会社の規模が小さく業績が赤字であっても、将来的に事業の拡大が見込めるのであれば、IPOに向けて積極的にご支援します。

内部統制支援業務

現在、公開企業は、内部統制報告書の提出が義務付けられることとなりました。これには公認会計士の監査証明が必要となり、会社の内部統制報告書提出と公認会計士の監査証明書提出を必要となります。
内部統制システムについては上場審査の際に整備したものの、その後の文書化によるアップデートが行われていないケースが多々あります。
今回の内部統制に係る制度は経営者自らが内部統制を評価する必要があり、そのための文書化が求められます。
文書化は経営者レベルの統制状況から現場レベルの業務フローまで多岐に渡っており、監査証明が得られる高いレベルと事務負担を軽減させるための効率性が求められます。
内部統制システムは会社全般にわたるものであるため、効果的かつ効率的に行うためには経営者による内部統制評価の範囲の選定が重要です。
この点、当法人スタッフは継続的なコンサルティング業務への従事と監査業務の経験により、作成者側、監査側の両者の視点に立ち要点を抑えて作業を進めることができます。

管理会計システムの導入支援等業務

「会社経営の見える化」貴社の状況に応じたハンドメイドの経営管理体制を構築します。
強い屋台骨を作るには、経営管理体制の充実が不可欠です。貴社の事業、組織、文化に応じ「会社経営が見える」透明な経営管理体制作りをお手伝いします。
企業の経営者管理者意思決定業績評価するのに必要な会計情報を経営幹部に提供することを目的とした会計を管理会計といいます。
主に予算制度業績評価バランススコアカードCVP分析設備投資経済性計算等、精度の高い意思決定を行えるようなサポートを行います。


サービス内容
  • 事業計画策定支援
  • 経営管理組織、経営管理制度(予算実績管理など)の整備・運用状況の改善
  • 業務管理制度の改善支援
  • 管理会計、原価計算、キャッシュ・フロー経営、連結経営導入支援

IFRS導入支援

現在、導入が検討されているIFRSでは、会計基準の変更、業務フローの改定、経理体制の見直し、IT投資等、不安な経営者様も多いのではないでしょうか。
当法人では、下記の項目について、効率的なIFRS導入を目指します。
  • IFRS についての企業内セミナーの実施
    お客様の実情に合わせて、個別に資料を作成し、セミナーを実施します。

  • IFRS 適用によるインパクト分析とプロジェクト策定
    シミュレーションを行うことで、意思決定に与えるインパクト、開示情報へのインパクトを分析します。またそれに応じて、今後どのようなスケジュールや体制でIFRSへの対応を進めていくか、プロジェクトを立案します。

  • 経理業務規程、細則の整備
    IFRSは原則主義と言われ、従来の日本の会計基準である細則主義とは大きく異なります。つまり、基準ではあくまでも原則のみを定め、具体的な方法は企業にゆだねられます。したがって、経理業務に関するルールや規程、業務標準を定めることが重要になります。

  • J-SOXの評価見直し
    IFRS の採用により、決算財務報告プロセスは大きく変わることが予想されます。これは、内部統制(J-SOX)の整備・運用を見直す必要性を意味します。